へんしんのバイクなら短期間で自転車をコントロールできる

フラワー
  1. ホーム
  2. 自転車訓練の革命

自転車訓練の革命

贈り物

習得順序の転換

従来、子どもの自転車訓練は中々うまくいかないものであった。そのような中、最近はへんしんバイクを使用した自転車訓練が人気である。それはなぜか。へんしんバイクは、ペダルの付け外しができ、乗り始めの頃はペダルをつけずに、自分の足で蹴って自転車を動かすところから始まる。車高はもちろん子どもの足がすぐに地面につく高さになっているため、バランスを崩したときもすぐに足をつくことができ、安全である。従来だとまずは補助輪を付けて自転車のペダルを漕ぐということに慣れてから、補助輪を外して乗れるように練習するという過程を踏む。しかし、補助輪をつけているとバランス感覚が身につかず、いざ補助輪を外してみると、ペダルは漕げるがバランスがうまく取れずに倒れてしまう、ということになってしまう。そうなると、子どももバランスがうまく取れないことへの恐怖が芽生えてしまったり、倒れて怪我をしてしまったりして、習得に時間がかかってしまう。しかし、へんしんバイクは、最初の段階で「バランスをとりながら自転車を走らせる」ということを習得できる。しかも、倒れそうになったらいつでも足をつくことができるという安心感もある。バランスが取れるようになれば、後は同じ自転車でペダルを漕ぎながらバランスとることを習得するだけなので、従来に比べて早い時間で習得できる。ペダルの付け外しができ、子どもたちが従来よりも比較的早く自転車に乗れるようになることが、へんしんバイクが支持されている理由である。